■2012年07月26日(Thu)  ハコスケ キッチンの床に
grp0727135435.jpg 320×180 18K

■2012年07月16日(Mon)  盛岡にて ジョッキーズチームマッチ
grp0727135048.jpg 320×240 36K

■2012年07月16日(Mon)  盛岡にて マーキュリーカップ 2着以降のコメント
grp0727140023.jpg 240×320 29K

■2012年07月16日(Mon)  盛岡にて マーキュリーカップ シビルウォー
grp0727134951.jpg 240×320 29K

■2012年07月16日(Mon)  盛岡にて 馬ふゅーむと記念撮影☆
grp0727134905.jpg 320×240 27K

■2012年07月14日(Sat)  無防備に寝るハコスケ
grp0714161048.jpg 180×320 18Kお誕生日のメッセージをくださったみなさん、ありがとうございます!

これからもハコスケともどもどうぞよろしくお願いします☆

■2012年07月11日(Wed)  JDD反省会?!
DSC_02670001.jpg 320×240 20KJDDのあとは競馬女子たちと反省会(?!)

結局ひとりも馬券的中者がいないというメンバー・・・。

というわりにはみんな笑顔で乾杯です\(^o^)/わはは〜。

■2012年07月11日(Wed)  痛恨 やられたぁ・・・
grp0712144612.jpg 320×180 19Kハタノヴァンクールを1着固定にした3連単を購入。
2、3着に東京ダービー馬プレティオラスと羽田盃馬アートサハラの南関勢を入れていたところまでは良かったけれど・・・
2着トリップを切ってしまいましたあああ(::)

実は私『G汽譟璽垢任禄薀澄璽箸稜呂惑磴錣覆ぁ戮箸い信条があるため手が出ませんでした。

あ〜でもでも。トリップ、パドックも良く見えたんですよね〜。
血統的にもダートは大丈夫に違いないとか、クロフネは大好きだったし、母ビーポジティブは現役時代応援していた馬だしとか。今回は信条を曲げる要素はたくさんあったんですが・・・あとのまつりです。

ごめんなさい、トリップ。参りましたm(−−)m

■2012年07月11日(Wed)  ジャパンダートダービー 2着以降のコメント
grp0712144407.jpg 320×240 30K2着以降のコメントです。

2着トリップ・小牧太騎手
「3コーナーで早く動いた分の差かな。この馬も止まっている訳ではないんですが、勝った馬の脚が凄かった。ダートは大丈夫です」

3着アートサハラ・今野忠成騎手
「2000mで思った以上に流れが落ち着いたので、周りを驚かそうと思って(?!)自分から動いて行こきました。気を抜かずに走っていましたし、いいレースでした」

4着オースミイチバン・川島信二騎手
「状態も良く、道中の手応えも良かった。ただ、他の馬に来られた時に張れなかったのは、距離かもしれませんね」

5着ホッコータルマエ・幸英明騎手
「ハナに行ってもいいと思っていましたが、物見をしていたので控える競馬をしました。そのぶん勝負どころで位置が悪くなってしまった。
勝負付けが済んだとは思っていません」

6着プレティオラス・本橋孝太騎手
「ペースが遅くなって今野さんが行った時に自分も動けばよかった。自分がまだ未熟なせいです。まだ“やれた”、悔しいです」

7着ストローハット・内田博幸騎手
「初めてのナイターで、気持ちが集中していないところがありました。能力はある馬ですし、今回は力負けではないと思う」

今回のレースを動かしたのは間違いなくア−トサハラの今野忠成騎手。
ペースが遅いとみるや、一気にまくっていった姿はシビレました!
レース後アートサハラを管理する大井・荒山勝徳調教師から、
「夏は厩舎で調整して、出来れば次はセントライト記念から菊花賞を目指したい」という中央挑戦のビッグプランも飛び出しました。

悔しさいっぱいのコメントの数々、今後もビッグタイトルを巡って戦い続けるであろう今年のダート3歳勢から目が離せません!!

■2012年07月11日(Wed)  ジャパンダートダービー おめでとう、ハタノヴァンクール
grp0712144258.jpg 320×240 22K大井競馬場で行われた『第14回ジャパンダートダービー』
戦前から今年は特に好メンバーが揃ったと言われていたレースを制したのは、ハタノヴァンクール!
フリートストリートが逃げ、トリップ、オースミイチバン、ホッコータルマエ、ストローハット、ハタノヴァンクールとJRA勢がこれに続く展開。3コーナー前から大井のアートサハラが馬群の外から一気に仕掛けて先頭に立つと、トリップも早めの仕掛けで先頭へ。直線で粘るトリップを外から豪快に追い上げたハタノヴァンクールかわしてゴール!見応え充分のレースでした。

G欺蘋覇のハタノヴァンクールはこれでダート5戦5勝。3歳世代のダートチャンピオンに輝きました。

四位洋文騎手
「1番人気だったんでちょっとプレッシャーがありましたが、良かったです。スタートはいつもゆっくりの馬なので、ファンのみなさんもドキドキしたと思いますが、僕も毎回ドキドキしながら乗っています。(アートサハラの)今野君が一気にまくっていったので焦りましたが、今回も期待どおりの脚を見せてくれました。
この世代はダートの強いメンバーが揃っているけれど、他のライバルに負けないようにこれからも頑張りたいと思います」

昆貢調教師
「派手な勝ち方はしないけれど、ゴール前ちゃんと勝ってくれる馬ですね。仕上がりがすごく良かったし、4コーナーで射程圏に入ったので大丈夫と思いました。
まだ3歳。本当に完成した時は、すごい馬になると思います。また大井に来ることがあると思いますので、その時は応援よろしくお願いします」

■2012年07月10日(Tue)  セレクトセールの楽しみのひとつ
grp0712143246.jpg 320×180 28Kグリーンチャンネルでセレクトセールを見ています。
当歳セールの楽しみのひとつは、お母さんたちを見ること。
現役時代を知る彼女たちの元気な姿を久しぶりに見ることができるのは、本当に嬉しいことです。

写真はセクシーディナーとその産駒。
2000年ロジータ記念、2001年ファーストレディー賞を制しました。
「セクシー、セクシー、セクシーディナー!」
印象的な実況が忘れられません(*^^*)

■2012年07月09日(Mon)  再演 『リンダリンダ』
grp0712143101.jpg 180×320 23K鴻上尚史さん作・演出の舞台『リンダリンダ』が8年ぶりに再演されました。
現在、紀伊國屋サザンシアターで上演中です。

題名から想像するとおり、ブルーハーツの曲をベースにした音楽劇。
第三舞台もブルーハーツも好きな自分にとって最強のコラボです。

詳細の説明はあえて避けますが、
今まで当たり前に思っていたことが変わって見えた、昨年の震災以降の世界。
「あのとき」を境にして変わった私たち受け手の価値観。
あえて今、8年前の作品を再演した作者の意図を感じることのできる舞台でした。

■2012年07月07日(Sat)  矢野進先生と
grp0712142924.jpg 320×180 23K『ターファイトクラブ募集馬検討会』が都内のホテルで行なわれました。
ゲストにJRAの元騎手・元調教師の矢野進さんをお迎えして、1歳募集馬たちの解説をしていただきました。
矢野先生とは2009年以来、3年ぶりにお仕事をご一緒させていただきましたが、変わらずお元気で、今でも毎週のように競馬場に足を運んでいらっしゃるそうです。
競馬を、競走馬たちを心から愛し応援していらっしゃる矢野先生。これまで多くの名馬たちを手掛けてこられた先生のお話はとても興味深く、ためになりました。

■2012年07月04日(Wed)  スパーキングレディカップ スティールパス
grp0705141251.jpg 320×240 34K川崎競馬場で行われた『第16回スパーキングレディーカップ』を制したのはスティールパス。2着クラーベセクレタ、3着ミラクルレジェンドでした。
スティールパスは重賞初挑戦で初制覇です!

蛯名正義騎手
「初めて乗せていただきましたが、かなり乗り込まれていて、追い切りを順調に消化してきているということだったので、それでも増えてきたということはやはり状態が良かったんだと思います(馬体重+22キロでした)。
前に人気馬がいたので、それを見ながら進めるかたちで、まあ思い通りの競馬が出来ました。直線は(クラーベセクレタを)なんとかかわしてくれという感じでしたが、しまいが切れる馬だというのはわかっていたので、それを活かせるように思い切って乗りました」

松田国英調教師
「私はここにはハギノハイグレードからたくさん馬を連れてきているんですが、なかなか難しいなと思いつつ、あきらめずにスティールパスを連れてきて、勝ててホッとしています。馬場が小回りなので前に行かないと、というのは承知していたので、1600mですし、思い切り競馬をしてもらいたいと蛯名君にはお願いしておきました。
スティールパスはまだまだ奥がありそうです。関係者のひとりとして、これからもまた大きなレースを使いに川崎に来たいなと思わせるレースでした。やはりダートの大きいレースを勝っていく馬というのは、クロフネにしろハギノハイグレード、ゴールドティアラ、ブロードアピールもみんな筋肉が盛り上がって岩のようになってくるし、芝では言い表せないような闘争心を出してきます。そういうスイッチのオンとオフがはっきりしている。(スティールパスも)筋肉が盛り上がってきていますし、これからの大きいレースをとれるんじゃないかなと期待を抱かせますね」
ご自身の過去の偉大な管理馬たちの名前も飛び出し、熱心にインタビューに応えてくださった松田調教師。インタビューの最後を「スティールパス、ありがとうございました」と、馬への感謝の言葉で締めくくったことがとても印象的でした。
今後の活躍が本当に楽しみですね。

■2012年07月03日(Tue)  ハコスケ バースデー
grp0705140241.jpg 180×320 21K7月3日はハコスケのバースデー。
覚えていてコメントをくださった方、どうもありがとうございます。

18歳になったハコスケ。
ご覧のとおりまだまだ若々しい表情です!

こんなに長い間、健康で一緒に暮らせる幸せ。
改めてしみじみと実感します。

ありがとう、ハコスケ。
これからもますます元気で長生きしてね☆☆☆

過去ログ 2004年07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2005年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2006年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2007年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2008年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2009年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2010年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2011年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2012年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2013年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 12月 
2014年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2015年10月 

Copyright (C) Noriko Shoji, All Right Reserved:(RSS)