■2004年07月29日(Thu)  クロネコ
mb_0729191228.jpg 120×160 8K帰り道のスーパー近辺にいるネコちゃんの後姿です。

そう言えばクロネコ(父ダンスインザダーク・母フサイチグレース)は早くも引退、
繁殖入りのようですね。
ネコ好きとしては最初に馬名を知った時は衝撃的でした。
鹿毛なのに何でクロネコ?!…と思ったんですが、
母父ストームキャット(黒鹿毛)から名前を取ったという事なんでしょうか?
かわいい子猫…じゃなくて、子供に期待しましょう!(馬名も!)

■2004年07月26日(Mon)  ファインモーション
mb_0726212600.jpg 132×176 7K牝馬の世界にも『女子校タイプ』と『共学タイプ』がいると思うんです。
前者の代表がメジロドーベルで、後者がエアグルーヴ。
で、ファインモーションは…前者かな、と。
一昨年の有馬記念を見てから「私、男子と走るなんてイヤ〜」と言ってる印象が
付いてしまって…
今回も道中、他馬(男子)に揉まれないよう武豊騎手も馬群に入れず
外々を通ってましたね。
あれだけみんなより余計に走って2着は立派!
結局馬券はファインモーションを切って…私の買った馬は1.3.4.5着そして13着…
ダメでした(T_T)
う〜ん。マイルCSでも2着だったし…ファインモーションに対しての
考えを変えないといけないのかなぁ。
ちなみに私も女子校出身(*^_^*)
馬券は買わなかったけどファインモーションは好きですよ。

写真は我が家。壁には馬の写真がいっぱい(^-^) (文と関係なくてすみません)

■2004年07月25日(Sun)  am2:20 夜のハコスケ
mb_0725022040.jpg 160×120 8K週末は競馬新聞で明日のお勉強。
ついつい夜更かしになってしまいます。
便利なのは(恐ろしいのは)この時間でもPATで馬券が買える事ですね。
ハコスケも一緒に起きていてくれます。
しかし…この後ろ足はどうなってるんでしょう?!
自分で自分に突っ込みを入れているみたいな…。

■2004年07月22日(Thu)  宮脇綾子の世界
mb_0722191052.jpg 120×160 8Kアプリケ作家の宮脇綾子さん(1905〜1995)、ご存知ですか?
「アプリケ」と聞いて、なぁ〜んだ…と思った方、機会があれば
是非一度実物を見て下さい。
私も初めて見た時はカルチャーショックを受けました。
これがアプリケ!?布でこんなに豊かな表現が出来るなんて!
庭に咲く草花や野菜、魚など、身近な題材を扱った素晴らしい芸術作品です。
使っているのは古い布の切れ端。ささいなもの、見捨てられそうなものへの
溢れる愛情が、すべての作品の根底に流れています。
実物を見ると、一針一針に込められた優しいまなざしが感じられて、
とても温かい気持ちになります。
長々と語ってしまいましたが(^_^;)百聞は一見にしかず!
埼玉県立近代美術館にて
「生誕100周年記念 アプリケ作家  宮脇綾子の世界 」が8月29日まで
開催されています。

■2004年07月21日(Wed)  お母さん
mb_0721235403.jpg 120×160 8K当歳馬のせり市場。Gch夏恒例の見逃せない番組です。
先週はセレクトセール、今週はセレクションセール(当歳は月曜日)が行われました。
次々に登場する子馬達はもちろん注目…なんですが、
ついついお母さん達にも目が行ってしまいます。
現役時代を知っている懐かしい馬も母になって登場!
いかにも「保護者」という感じで我が子を見守る貫禄。
先週のエアグルーヴの威厳溢れる姿に感激。
(写真はGallopの表紙を写したものです…すみません。)
しかし…生まれながらにして勝負の世界に身を置く彼等。
母と子が一緒にいられるのもあとわずか・・・厳しい世界です。

■2004年07月20日(Tue)  怪獣上陸?!
mb_0720220905.jpg 160×120 8K気温39.5度。
アスファルトの上は確実に40度を越えていました…。
外に出たとたん、インフルエンザで発熱したような気分(-.-;)
近くの公園のカメも甲羅干しどころじゃない様子でした。
人間より地面が近い、散歩中のワンちゃんや猫達にとっても
大変な一日でしたね。

本日、旭川でデビューしたサポート馬ドリームヘイローは果敢に先行するも
直線失速して7着…。
川崎ではグラッブユアハートがレマーズガールを差し切ったらしいですね。
ナイター競馬の馬達は、日が暮れて少しは楽だったでしょうか…。

■2004年07月18日(Sun)  チンドン
mb_0718221354.jpg 160×120 8K「朝顔市」と「ほおずき市」と言えば、江戸時代から続く入谷と浅草が有名
ですが、今日は東京・文京区の伝通院と源覚寺で行われていました。
浅草等に比べるとこじんまりしていますが、
風情あるお寺や町を散策しながら、二つの市を同時に楽しむ事が出来ました。(WINS後楽園も近く、一石二鳥!)

そして、このお祭りをより華やかに彩っているのがチンドン屋さん!
古き良き伝統を今に伝える若手のかわいいチンドン屋さんです。
実は私の友人達なんです。
「昭和」の時代が見直されている今、チンドン屋さんも各地のお祭りやイベントでひっぱりだこ!
興味のある方は是非こちらのサイトをのぞいてみて下さい!
「ちんどん月島宣伝社」http://www.h7.dion.ne.jp/~tindon3/

■2004年07月17日(Sat)  土曜の午後コンビ
mb_0717215449.jpg 160×120 8K今日のグリーンチャンネル・中央競馬中継EASTのスタジオで撮りました!
五九楽師匠に、日記に載せていいですか?って聞いたら
「おう!どんどん載せてくれぃ」とありがたいお言葉。
師匠、ありがとうございます。いつもさりげなく色々と助けて下さって!
満面の笑み!!師匠はこの笑顔のとおりの人格者です(^-^)

■2004年07月16日(Fri)  猫の習性
mb_0716192733.jpg 160×120 8K猫って…集中して新聞を見てると、必ずその上に乗ってくるんですよね。
ハコスケも例にもれず…
週末はハコスケと一緒に明日のレースの検討です!

■2004年07月15日(Thu)  待ち受け画面
mb_0715223634.jpg 120×160 8Kこれが現在、私の携帯の待ち受け画面になっているハコスケと肉球です。

ところで話は変わりますが…
今日も浦和で3連単248万馬券が出たみたいです。
昨日14日には旭川で3連単250万!
これで全国で3日続けて200万円以上の高額配当が出た事になりますね。
もうすぐ中央でも始まる3連単…未だに単勝&馬連派の身としては、戸惑いも
あります。
夢の配当もいいですが、競馬は狆’廊瓩鯏てる勝負!
…それさえも難しいのに(^^;)

■2004年07月14日(Wed)  part 2    My home ground
mb_0714224019.jpg 160×120 8K地方競馬の中では一番良く行く競馬場です。なんといっても地元なので!
南関4場の中では一番狎里覆ら瓩龍気が残っています。
出走馬が一般道を横切って入ってくるパドックは、馬がすご〜く近くて、
手を伸ばせば触れそうな程! いい感じです。
昨日、浦和競馬史上最高配当の3連単497万馬券が出たせいか?!けっこう
混んでました。



■2004年07月14日(Wed)  part 1   昨日は勝駒で祝杯
mb_0714015514.jpg 120×160 8K競馬好きが聞いたら泣いて喜ぶ?!なんとまあ縁起のいい…その名も「勝駒」
小さな蔵なので、なかなか手に入らないんです。
富山県高岡市 (有)清都酒造場の純米酒
ラベルは池田満寿夫氏の書。
とってもエレガントでまろやか、様々な味わいが折り重なってフルーティーな……って
思わず美味しんぼ・山岡になってしまいました。

■2004年07月13日(Tue)  ハコスケ(10歳)と私
mb_0712225802.jpg 120×160 8K初めまして。この子が愛猫ハコスケです。
キジトラでシッポはボブテイル。
これからちょくちょく登場すると思いますのでよろしくお願いします!

過去ログ 2004年07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2005年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2006年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2007年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2008年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2009年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2010年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2011年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2012年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2013年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 12月 
2014年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2015年10月 

Copyright (C) Noriko Shoji, All Right Reserved:(RSS)